100万の借金返済を債務整理

債務整理の方法

債務整理の方法

 

貴方に合った債務整理で借金整理!

 

債務整理とは、現在ある借金すべての返済を免除してもらう自己破産ばかりではありません。

 

そのほかにも、借金の元金を減額してもらうもの、また利息でけを免除してもらうものなどと、債務者救済のそれらの方法の総称が債務整理です。

 

その方法には、自己破産、任意整理、個人再生、特定調停といった4つの方法があります。

 

自己破産以外はそれぞれに違いはありますが、いずれも元金がすべて免除されるんのではなく、債務者の返済能力によって減額された元金を返済していく方法です。
それらの方法をひとつずつ、簡単に説明していきましょう。

 

債務整理のそれぞれの方法について

 

特定調停

 

特定調停とは、弁護士や司法書士といった専門家を介さず、裁判所に仲裁してもらって、債務者が債権者に借金の減額について直接交渉していく債務整理の方法です。

 

他の方法は、弁護士や司法書士に代理人となってもらって、借金の減額などを交渉していってもらいますが、この方法では債務者が直接交渉していきます。

 

そのため、債務整理費用として弁護士や司法書士に支払う報酬はかかりませんが、煩雑な手続きや、裁判所に仲介してもらうとはいえ、調節債権者との交渉は、なれない人にはかなりの至難の業となります。

 

また、法的なことも勉強をしっかりとしておかなければ、債権者に手玉に取られて、優位な交渉をおこなうことは難しいでしょう。

 

もし、特定調停を考えるなら、そのあたりをクリアできるようにしっかりと準備することが必要です。

 

しかし、よほどのことがない限り、費用は掛かってしまいますが弁護士や司法書士に依頼したほうが、条件の良い和解にこぎつけられ、その費用分以上の効果を得られると思われます。

 

任意生理

 

債務整理の中では多くの方が行われていえる方法で、債務整理の中では簡易的に行える方法です。

 

この方法の他は、裁判所を介して行われますが、この方法は,「任意」という字のごとく、債務者と債権者の間でお互いの合意の上行われます。

 

債務者が個人で債権者に申し立てして、交渉を行うこともできますが、債権者との交渉にもいろいろと法的な知識も必要であったり、煩雑な手続きも必要です。

 

そして何より、手慣れた債権者との交渉ごとを素人が行うのは非常に困難をきたします。

 

そのため、ほとんどの人が弁護士や司法書士に依頼して、債権者と交渉してもらっています。

 

交渉の内容は、返済時に支払っている利息をすべて免除してもらい、債務整理を行うときに残っている元金のみを分割(一括も可)で返済していく方法です。

 

また、その際に引き戻し計算によって、過払い金が発生して場合には、余分に払っていた利息を返還してもらうことができます。

 

 

任意整理では、過払い金が発生していない場合には元金が減額されないので、大きく返済額が減ることはありませんが、利息がなくなるだけでも元金が減っていくスピードはかなりのものがあります。

 

さらに、裁判所を介することもないため、弁護士や司法書士に依頼すれば、そのあとはほぼお任せなので、債務者にとっては非常にお手軽な債務整理といえるでしょう。

 

自己破産

 

こちらは、債務整理の中でもよく知られている方法で、返済能力以上の借金をしてしまい、その返済が全く不能になってしまったときに行われる債務者救済の方法です。

 

もちろん、借金の返済が苦しくなったからと誰でも行えるものではなく、裁判所によって支払い不能と認められなければなりませ。

 

しかし裁判所によって支払い免除が認められれば、借金全額をすべて0に免除してもらえ、新たに一から人生を歩みなおすことができます。

 

個人再生

 

自己破産のように借金すべてを0にすることはできませんが、任意整理と比べると元金の大きな減額見込めるので、非常にその後の返済が楽になります。

 

また、ローンで購入した住宅が返済中であれば、その住宅を手放すこともなく個人再生を行うことができます。

 

ただし、債務より多くの資産を有している場合には、減額が受けられないので、誰でも受けることはできません。

 

 

↓貴方に合った債務整理を見つける↓

 
ホーム RSS購読 サイトマップ